ご利用エリア

PiTaPaカードは以下のエリアで
ご利用可能

現在、下のPiTaPaポストペイエリアでPiTaPaカードがご利用いただけます。
下の画像をクリックするとPDF形式の詳細マップをご覧いただけます。

【2018年10月1日現在】

PiTaPaポストペイエリア
詳細マップ[PDF]
DOWNLOAD ADOBE READER Acrobat readerが必要になります。
お持ちで無い場合は、
こちらからダウンロードできます。

JR西日本ポストペイエリア

JR西日本ポストペイエリア

JR西日本におけるPiTaPaポスト
ペイサービス(後払い)の適用条件

  • JR西日本ポストペイエリア内の駅相互間のご利用で、カードで乗車駅(入場)、降車駅(出場)の自動改札機をご利用された場合に、ポストペイサービスを適用します。

  • この場合、カード内の残額(チャージされた額)からは減額されません。

ポストペイサービスの適用とはならない場合

  • 以下のご利用の場合、ポストペイサービスの適用とはなりません。(カード内の残額(チャージされた額)からの減額となります。)

  • JR西日本ポストペイエリアの駅とポストペイエリア外(JR西日本以外の他社の駅を含みます)の駅間のご利用、ポストペイエリア外の駅相互間のご利用

  • のりこし精算機でのカードと他のきっぷを併用した精算

  • 自動券売機でのきっぷ購入など

  • その他、定期サービスの定期券区間内のご利用、新幹線でのご利用(スマートEXサービスとしてのご利用)、チャージ(入金)も、ポストペイサービスの適用とはなりません。

その他ご注意事項

  • 既にカードをお持ちのお客様を含めて、自動的にポストペイサービスを適用します。

  • キッズカード(小学生用)もポストペイサービスを適用します。(小児運賃適用)

  • JR西日本の各駅では、カードへの定期券発売、再発行、オートチャージ(自動入金)等のお取扱いは行いません。また、ICOCA加盟店でのカードによるお支払いはできません。

交通系ICカードの全国相互利用エリア

PiTaPaカードは下の交通系ICカードの全国相互利用エリアでもご利用いただけます。
その他全国エリアでのご利用の際は、事前にカード内へのチャージ(入金)が必要です。

チャージの方法

全国エリアのJRの主な駅または一部のPiTaPaポストペイエリアの駅に設置の券売機等で現金にて行うことができます。
なお、PiTaPaカードは現金によるチャージのほか、オートチャージ(自動入金)機能を搭載しています。
これを登録することにより、PiTaPaポストペイエリアの改札機または運賃箱にタッチした際、自動的にカードへチャージすることもできます。

チャージされたカード内の残額についての
ご注意

  • PiTaPaカードにチャージしたカード内の残額は、ショッピングやPiTaPaポストペイエリア(注)の運賃のお支払いにはご利用いただけません。
    • 注:2018年10月1日からJR西日本ポストペイエリアでは、PiTaPaポストペイサービス(後払い)が始まり、チャージ(入金)が不要で便利にご利用いただけるようになりました。
  • お客様都合によるカード内の残額の払戻しはできません。(退会時を除く)
  • カード内に残額がある状態で、PiTaPaを退会される場合、払戻手数料としてカード1枚あたり500円(除く消費税等)を差し引いて、ご指定の金融機関口座に返金いたします。
  • 一部の交通機関では券売機でカード内残額をご利用できます。

ICOCAエリア

ICOCAエリア

ご注意

※備中高梁~伯耆大山間、海南~新宮間は、ICOCA定期券の設定はありません。同区間の路線図に記載の駅以外ではICOCAをご利用いただけません。
※IRいしかわ鉄道線、あいの風とやま鉄道線を含むご利用は「大聖寺~越中宮崎間、高岡~新高岡間」のご利用に限ります。
※PASPYエリア、ことでん(電車)でもご利用いただけます。
※新幹線にはご乗車いただけません。(スマートEXサービスをご利用の場合は除きます。)
※エリア以外の駅ではご利用になれません。
※ICOCAエリアでは営業キロ200kmを超えてご利用いただくことはできません。(一部例外があります。)
※詳しくは、JR西日本のホームページをご覧ください。

全国相互利用エリア

以下のエリアでご利用可能です。Kitacaエリア、PASMOエリア、Suicaエリア、monacaエリア、TOICAエリア、はやかけんエリア、nimocaエリア、SUGOCAエリア

ご注意

※各エリアにまたがってのご利用はできません。
ただし、首都圏のSuicaとPASMOエリア及び九州のSUGOCAエリアとはやかけんエリアの一部(相互直通区間)はご利用になれます。
※一部ご使用になれない交通事業者があります。
※詳しくは、各社のホームページをご覧ください。